吉島小学校の紹介


人とつながり、笑顔かがやく学校をめざして

 本校は、米どころ置賜平野の中心に位置し、豊かな水田地帯に囲まれた学校です。子どもたちが日々展開する「学び」の様子を発信し、地域の宝である子どもたちを、地域とともに磨き上げていくという学校づくりをすすめて参ります。 

 令和元年。本校も子どもたち一人一人がそれぞれの花を咲かせることを目指し、子どもたちが持つ可能性の芽を膨らませたいと考えています。子どもたちの生き生きと輝く姿、成長する姿を見届けていただければ幸いです。

吉島小学校は地球の中心に位す。

 川西町は井上ひさしさんの故郷ということで、井上さんの蔵書を生前、川西町に寄贈なされました。それを「遅筆堂文庫」といいます。その堂則を井上さんが書いています。冒頭「遅筆堂文庫は置賜盆地の中心にあり、置賜盆地はまた地球の中心に位す。」から始まります。もちろん、書物というものが先人が残した知恵であり、結晶であることを意味したものであることはわかりますが、ここで生きる川西町の子どもたちに、地球の中心として生きる人間としての自覚、気位を持ってほしいと考えています。そしてそのような教育を行いたいと強く思うのです。