main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

2017年

2月

16日

次期児童会役員決意表明・新旧引継

16日(木)1時間目、次期児童会役員決意表明と新旧委員長の引継の会が行われました。先日の、児童会総会の次年度への要望等も受けて、新委員長から決意の言葉がありました。

新 運営委員長:矢野碧音さん「笑顔いっぱいの学校に」

新 図書委員長:中善寺舞さん「みんなが本を読むことが大好きな吉島小に」

新 放送委員長:島貫旬人さん「楽しみながらしっかりと放送を聞いてくれるように」

新 体育委員長:石黒翔大さん「遊びや運動に進んで取り組む元気な吉島小に」

新 健康委員長:黒澤音羽さん「健康で清潔に生活できる吉島小に」

・・になるように委員長として頑張っていきます。と力強く決意を述べてくれました。

また、新旧の委員長で引継も行われました。旧の委員長から大量のファイルと「来年度はまかせたよ」との気持ちもしっかりと引き継がれたようです。

       来年度の児童会も大いに期待しています。・・・頑張ってください。

0 コメント

2017年

2月

14日

児童会総会

 

 14日(火)に第2回児童会総会が開催されました。学級討議を経て、第1号議案から第2号議案まで話し合いがなされました。活発な質問・意見・要望を出し合い来年度につながる大変良い児童会総会になりました。

 

 今年度の児童会、運営委員長の遠藤月さん、図書委員長の山田江里子さん、放送委員長の島津咲優希さん、体育委員長の坂田友希さん、健康委員長の寒河江こころさんを中心に、皆で協力して取り組めたことは大きな成果でした。

 スローガン「自分から明るく元気な あいさつ・へんじをし、全校生が毎日笑顔でいられる学校にしよう。」は達成できましたか。

0 コメント

2016年

2月

26日

ペットボトルキャップ贈呈式 ~児童会~

児童会で取り組んでいる「ペットボトルキャップ集め」の取組。お陰様で、約91,000個を集めることができました。昨年度は66,000個でしたから大幅アップです。

今日は,山形銀行小松支店長様をお招きしてキャップの贈呈式を行いました。全国的に取り組まれているこの活動ですが、山形県では山形銀行のサポートにより活動が盛り上がり、数多くの小中学校から数々の善意が届けられるそうです。

本校で集めたキャップは、国際機関に送られポリオワクチンとなって世界中の子ども達に届けられますが、今年は交換率がこれまでの1/3になってまったそうで、約30人分のワクチンとなるそうです。それでも、私たちの善意により、ポリオに苦しむ友だちのたった一つの命を救えるだけでも心は温まります。また、物を大切にする心も同時に育むことができます。

この取組にこれまでご協力いただいている地区内の商店皆様には、心より感謝申し上げます。これからも引き続きご支援くださいますようお願い申し上げます。

2016年

2月

18日

新しいリーダーが決まりました! ~立会演説会~ 

28年度の児童会を牽引する新しいリーダーを紹介する「立会演説会」が行われ、5人の新委員長から力強い決意とビジョンが示されました。新委員長となるニューフェイスを紹介します。

 ◇運営委員長 遠藤  月 さん   ◇図書委員長 山田江里子 さん

 ◇放送委員長 島津咲優希 さん   ◇体育委員長 坂田 友希 くん

 ◇健康委員長 寒河江こころさん

襷はしっかりと新リーダーにつながりました。5人のみなさんは「自分のことよりも全体のことを優先して考える」「一度決めたことを信念を持って貫き通す」「全体から信頼される」というリーダーとしての資質をしっかり持った人です。

吉島小学校の児童会に新風を吹き込んでください。がんばってください。 

2016年

2月

16日

児童会の活動を振り返って ~第2回児童会総会~

16日、1年の活動を総括する第2回児童会総会が行われました。運営、図書、放送、体育、健康委員会の各委員長から、行事的な活動と日常的な活動の観点から反省した内容が報告され、1年間の各委員会の「めあて」達成についての総括がありました。どの委員会も、事前の話し合いでしっかり1年間の反省・総括をまとめて総会に臨んでおり、取り組んだ成果がたくさん出されました。

総会の最後に、校長から次のような話をしました。

  • 各委員会とも1年間の活動を振り返り、成果と来年度に引き継ぐ課題がはっきりわかる総会となった。
  • 5人の委員長からの報告で、「できた」「よかった」という振り返りの言葉がたくさん聞かれた。このような反省が多かったということは、年度初めに立てためあてがしっかりしていたということ、さらには、自治的な力を児童会員である一人一人が身につけたということに他ならない。
  • みなさんは、1年間を様々な話し合いを重ねながら活動を積み上げてきた。話し合うことで、相手の考えがよりわかり、自分の考えも深化させることができた。話し合いを大切にし、問題を解決する素晴らしさをたくさん味わってほしい。

今年、吉島小学校にはたくさんのパソコンや電子黒板、プロジェクターなど、ICT環境が整いました。授業だけでなく、児童会活動においても新しくなったICT機器をたくさん活用して、いっそう充実した児童会活動となるよう期待しています。

2016年

1月

26日

児童会主催「仲を深めよう」集会 フォトグラフ

「仲を深めよう」集会が中間休みを利用して行われました。主催は児童会運営委員会。縦割り班ごとにチームをつくり,じゃんけんとシリトリをミックスした楽しいゲームを考えてくれました。その様子をどうぞご覧ください。

2016年

1月

25日

なわとびチャレンジ ~全校体力づくり~

  中間休みを利用して全校生でなわとびにチャレンジしています。前半は持久跳び。それぞれの学年の技量に合わせて、できるだけ長い時間を跳び続けるというもの。後半は、なわとび進級カードを使って2重跳びやあや跳び、片足跳びなどの新しい技に挑戦しました。しっかり汗をかいてじょうぶな体をつくっていきます。

2016年

1月

18日

縄跳びで体力づくりだ! ~全校集会 体育委員会発表~ 

今日の全校朝会は、体育委員会の発表集会。冬場の体力づくりの縄跳び運動を楽しくしていくために、委員のみなさんが様々な技を示してくれました。2回旋1跳躍からはじまり、1回旋1跳躍、グーパー跳びやケンケン跳び(片足跳び)、ハイレベルな2重跳びやあや跳び、サイドクロスなど多彩な技を披露してくれ、全校生の「がんばるぞ!」という気持ちに火をつけてくれました。

 

【別件ですが・・・】

雪不足が心配されていた1/21(木)の七ヶ宿スキー教室ですが、滑走可能となり予定通り行います。よろしくお願いします。

2015年

12月

02日

健康委員会が発表しました! ~給食記念週間~ 

週は給食記念週間。日頃の食生活を見直したり、給食を作ってくださる多くの方に感謝する気持ちを養う学習をしています。

今日の朝会では、健康委員会がICTと寸劇をうまく取り入れて「食」について考える集会を開いてくれました。

自作VTRで撮影した6年生の給食風景を見ながら 

  〇どんな姿勢で食べればいいのかな?

  〇はしの正しい持ち方は?

  〇好き嫌いはなくさなくちゃね! 

  〇無駄話をしながら食べるのってマナー違反だよね! などなど

いろいろな観点で自分たちの「食」を振り返ることができました。

調理師の髙橋先生、平田先生からもお話をしていただきました。

  〇残さず食べてくれてうれしいです。食器の種類を分けて返してね。

  〇おいしいカレーにするために、粉チーズを入れているんですよ。

頃、給食でお世話になっている両先生に、全校生の心のこもった作文を贈って感謝の気持ちを伝えました。

2015年

10月

05日

町をきれいに・・心を美しく・・ ~クリーン作戦~

3校時目、児童会主催の「クリーン作戦」を行いました。縦割り班ごとに学校周辺に出て、空き缶やビン、紙くず、鉄くずなどを1時間かけて集めてまわりました。みるみるビニル袋がふくらみ、たくさんのゴミが学校に集められました。

中には触ることに躊躇するゴミもありましたが、「吉島をきれいにしよう」という思いで充実した活動になりました。

◇ゴミ拾いをすればきれいな町がよみがえる。でも、もっとすごいことは、ゴミを拾うことで一人一人の心がきれいになる。

◇ゴミを拾うこと以上に、ゴミを捨てない、汚さないという小さな実践が大切である。

これが、子どもたちが活動を通して学んだことでした。

2015年

9月

30日

力をあわせて ~後期縦割り班顔合わせ会~

いよいよ「縦割り班」活動がはじまります。そこで、顔合わせ会を行い、自己紹介やめあての確認、〇×クイズなどを楽しみながら心の交流を図りました。今後、日々のそうじや児童会の集会活動、クリーン活動など様々な活動場面で縦割り班の出番が待っています。

2015年

7月

15日

ちり紙・ハンカチ忘れの原因は? ~放送委員会朝会発表~

ぼくたち放送委員会は、楽しい給食にするために毎日「お昼の校内放送」を行っています。音楽やなぞなぞ、英語の歌の紹介、さらには連絡など、放送する内容は毎日変わりますが、分かりやすく伝えるためにがんばっています。

今日の朝会発表では、昼の放送をしっかり聞かなかったばかりにハンカチとちり紙を忘れてしまった女の子の失敗を劇にして、静かに放送を聞く大切さを全校生で考えました。脚本は、咲優希さんが作ってくれました。2年、4年、5年生の代表に劇の感想を発表をしてもらいましたが、3人とも「昼の放送は私語を止めて放送を静かに聞きたいと思った」という感想でした。

劇では中間休みや委員会などの時間を利用して練習に取り組み、本番では失敗した場面もあったけれど、放送の大切さを全校生に知らせることができました。これからもがんばっていきます。

 明るい笑顔あふれる放送委員会 委員長6年 翔大

2015年

6月

17日

仲を深めよう集会 ~ハンカチ落とし~

 運営委員会で企画した仲を深めよう集会で「ハンカチ落とし」をしました。

目的は縦割り班の友達と楽しくゲームをして仲を深めることです。

運営委員会では、みんがが楽しめるように話し合いでたくさんの意見を出し合いました。中間休みなどに集まり、リハーサルもしました。しっかり準備をしたおかげで、楽しいゲームをすることができました。

私たち運営委員会は、このような仲を深める活動を今年度たくさん計画して、吉島小学校が笑顔でみんな仲のよい児童会にしていきたいと考えています。

                      運営委員 島貫菜月、島貫真美


2015年

5月

13日

ぼくたち運営委員会からのお知らせです!

 今年度のスローガンは、「明るい笑顔と元気なあいさつ・返事で全校生が仲のよい吉島小学校にしよう!」です。スローガンを達成するために、今年からハピスマ運動に取り組んでいきます。

 ハピスマ運動とは、ルールを守りみんなが安全に楽しく笑顔で過ごせるようにする運動です。元気なあいさつ、返事で全校生が仲のよい学校にしていきたいです。みんなで協力して笑顔いっぱいの吉島小学校にしていけるようにがんばります。

運営員会委員長 6年 角田真紘

2015年

5月

01日

楽しい学校をつくっていこう ~1年生を迎える会~ 

上級生が1年生のために素敵な会を企画してくれました。3校時目に行った「1年生を迎える会」です。1年生の自己紹介インタビューでは、全員堂々と自分の名前と好きな食べ物を発表しました。その後のゲーム「つながれ電車」では、じゃんけんをしながら負けた人がどんどん後ろにつながり、最後には1本の長い電車になりました。友達の息づかいや体温を感じながら、温かい心になりました。

保護者の皆様へ

今日の様子はNCVで放映されます。学校の様子,子ども達の明るい笑顔を広く地域の皆さんに紹介できるよい機会ととらえ、放映を了承したところです。1年生については自己紹介で一部名前と顔映像が放映される場面も予想されますが、何卒ご了承願います。

放映番組 「みんなの世界」

5/16(土)~31日(日)

月・水・日曜 8:30~ / 17:00~

火・木・土曜 6:30~ / 12:30~ / 18:30~

金曜     8:30~ / 21:00~ 

2015年

2月

23日

届け! ポリオに苦しむ世界中の子ども達に!

 20日(金)の全校朝会で「ペットボトルキャップ贈呈式」を行いました。たくさんの方々に協力いただいて回収したキャップの総数は、66,666個。約80人分のポリオワクチンを購入できる量を集めることができました。当日は、山形銀行小松支店長の佐藤様、同行の那須様にご来校いただき、直接手渡すことができました。

 これら大量のキャップは、山形銀行を窓口として「エコキャップ推進協会へ送られ、そこでキャップから出た売却益をワクチン代に還元して、最終的には「世界に子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」から世界中のポリオワクチンを待っている世界中の子ども達に届けられる仕組みになっています。

 吉島小学校児童会に集まった善意の温かい心がポリオ根絶のために役立ち、世界中の仲間が救われることを願っています。家族の皆さん、地域の皆さん、ローソン吉島店さん、三菱鉛筆精工KKさん、ご協力ありがとうございました。 

                                     川西町立吉島小学校 児童会

2015年

2月

23日

襷(たすき)をつなぐ!〜児童会総会、立会演説会〜

 3学期も残すとこと1ヶ月を切り、進級、進学に向けて仕上げの活動にがんばっているとことですが、児童会のまとめとなる「児童会総会(17日)と27年度への接続となる「立会演説会(「19日)」が行われました。

 26年度は、「明るいあいさつ、明るい返事で、笑顔のたえない学校にしよう」を児童会スローガンに取り組んできましたが、事務局、各専門委員会とも創意と工夫ある活動となり、このスローガン通りの学校を創ることができました。

 立会演説会では、27年度事務局となる新しいリーダーから力強い決意や抱負が述べられ、全校生からあたたかい承認の拍手がわき起こりました。新児童会リーダーは以下のとおりです。

運営委員会  委員長 角田 真紘
島貫 菜月 島貫 真美 高橋 優花
高橋 裕成 遠藤 月 島貫 里桜
淀野 和泉    
図書委員長 石黒 莉咲
放送委員長 島貫 翔大
体育委員長 高橋 楽音
健康委員長 後藤 愛実

2015年

2月

05日

縦割り班で”雪像づくり”

4日、中間休みと昼休みの時間に児童会主催の『雪像づくり』に取り組みました。

初めて取り組んだ企画でしたが、班で協力し、楽しむことができ、

それぞれすばらしい雪像を作り上げることができました。

2015年

2月

02日

6万6千個のキャップに思いを込めて

  2月2日、三菱鉛筆精工株式会社の後藤様はじめ3名の皆様より児童会の活動支援としてペットボトルキャップ2万5千個を頂戴しました。2年間かけて集めてくださった貴重なキャップを手にして、児童会代表の小沼翔君から「ポリオに苦しむ世界の子ども達を救うために、これからもしっかり活動を続けていきたい。」という決意とお礼の言葉がありました。
  ワクチンさえあれば命が助かる子どもたちは、世界で一日に約6,000人だそうですが、今日のキャップも含めて集まった総数は66,000個。約80人分のワクチンを救える量が集まりました。(ペットボトルのキャップ400個で10円になります。ポリオワクチンは1人分800個、20円だそうです。)児童会では、今年度も山形銀行を通してこの「善意」を届けたいと考えています。

 

<児童会より感謝のことば>

今年度は、皆様のご協力で約6万6千個のペットボトルキャップを集めることができました。

たくさんのご協力本当にありがとうございました。これからもご協力よろしくお願いします。

2014年

12月

03日

いのちをいただく  ~ 給食感謝の会 ~




   12月1日から給食記念週間が始まりました。わたしたち給食委員会では、たくさんの食材、たくさんの業者さん、そして調理師の高橋先生、平田先生のお陰で楽しい給食がいただけることに感謝し、絵本の朗読をとおして、「いのちをいただく ~みいちゃんがお肉になる日~」ということを考えてみたいと考えました。そこで、今日の集会では、高橋先生、平田先生をお招きして、「給食感謝の会」を行いました。


  絵本 『いのちをいただく』 みいちゃんがお肉になる日 で伝えたかったこと

 この本を通して、生産者の方々の苦労や大変さ、命の大切さを全校生のみなさんに伝えたいと思い、「給食感謝の会」という場をかりて絵本の朗読をしました。そして、心から「いただきます」「ごちそうさま」と言うことの大切さもいっしょに伝えました。

                                    給食委員長  山田里佳子

                                      副委員長   和田 紅愛

2014年

11月

19日

秋の夜長 読書を楽しみましょう    ~図書委員会~

今、吉島小学校では「読書週間」に取り組んでいます。わたしたち図書委員会は、その活動のひとつとして、全校生に読書を楽しんでもらうために、今日の全校朝会で劇発表を行いました。

劇を通して、吉島小学校のみんなに本の楽しさや、おもしろさを伝えることができて良かったです。これからもみんなに本に親しんでもらえるように頑張りたいです。 

                               図書委員長 佐藤ななみ




2014年

10月

07日

実りの秋を迎えて  ~5年生が稲刈り体験~

台風の接近で前日までは雨天でしたが、今日は朝から快晴だったので、予定通り稲刈りを行うことができました。稲刈りをしての感想を2名の人から発表してもらいました。

宇央くん

 いとこの稲刈りに続き2回目の稲刈りでした。刈ることは慣れていたのですが、稲の束を結ぶ作業は初めての経験で、大人の人に教えてもらいながら結びました。難しかったけれど、きれいに結ぶことができてうれしかったです。

翔大くん

 初めて足踏み脱穀機を使って脱穀しました。ペダルを強く踏むと脱穀機が力強く回りました。脱穀機の歯は、よく見るとずれて取り付けてあり、お米が獲れ易く工夫されていることがわかりました。昔の脱穀機も今の高価なコンバインも仕組みは同じと聞いてびっくりしましたが、手作業が中心だった昔の人の農作業は、やっぱり大変だっただろうと感じました。

2014年

10月

07日

クリーン作戦で学校周辺がきれいに! ~児童会運営委員会~

 10/7(火)に、私たち運営委員会で企画したクリーン作戦を全校生で行いました。学校から半径1km程度の狭い範囲でしたが、縦割り班に分かれて、分担した通学路を中心にゴミ拾いを行った結果、大きなゴミ袋7つ分のゴミが集まりました。

 地域の方から「ご苦労様」「がんばってね」などの温かい言葉をもらい、地域のために役立っていることを実感しました。    運営委員 パズル

 

 きょうのクリーンさくせんで、ゴミをたくさんひろったので たのしかったです。あきかんやライターやかみきれをひろって ビニールぶくろにいれました。ふくろがいっぱいになって とてもうれしかったです。らいねんもがんばりたいです。          1ねん れんと

2014年

10月

01日

ペットボトルキャップ 1学期 約23,000個集まりました

児童会運営委員会より

 児童のみなさん、地域のみなさんのおかげで、約23,000個のペットボトルキャップが集まりました。今年度の目標が50,000個なので、だいたい半分の量を集めたことになります。本当にありがとうございました。特にコンビニのローソンさんには、毎年大変お世話になっています。写真の通り、ローソン店内にキャップ集め用の箱を置かせていただき地域の方に協力していただいたおかげで、8,335個も集めることができました。

 ぼくたちは、この仕事を楽しくやりがいを持ってしています。放課後キャップをひとつひとつ数える仕事は正直大変ですが、みんなで協力して仕事をいているという実感があるし、それ以上にポリオで苦しんでいる人を助けることができると思うと大変さは消えてしまいます。ポリオワクチン一人分は860個、約2kgで買うことができるので、ぼくたちの児童会では、すでに約26人~27人の人を助けたことになります。

 目標は50,000個ですが、目標を1個でもオーバーできるようにこれからもがんばります。児童のみなさん、地域のみなさんこれからも応援をよろしくお願いします。

  児童会運営委員 6年  ルシファー & パズル

 

2014年

9月

30日

春から挑戦し続けてよかった!  優勝児童の歓びの声

走り幅跳びで見事優勝! 仲間がいたからがんばれた!
走り幅跳びで見事優勝! 仲間がいたからがんばれた!

 

6年女子走り幅跳びで優勝したアカリさんのコメント

 6年生になった今年、私は自分の力をもっと試したいと思い、走り幅跳びに挑戦してきました。5年生の町陸上大会で800m走で優勝した経験から同じ種目の挑戦も考えましたが、春の地区陸上大会(伊澤まき子杯)に向けての練習会で走り幅跳びのおもしろさに気づき、記録も以外によかったので、今年は走り幅跳びで挑戦しようと決めました。地区大会の結果は自己ベスト記録の3m65。大きな自信となりました。そして、秋の町陸上に向けても、走り幅跳び1本で練習を続けてきました。

 町陸上の競技が始まり、本番前1回だけ練習がありました。いつもの調子を大切にしながら跳んでみると足がまったく合わず、普段跳んでいる距離にほど遠い記録でした。正直あせりました。でも、本番では2回とも練習通りの跳躍ができ、記録も地区大会の記録を5cm超える3m70で優勝することができました。優勝できたと知った時は本当にうれしかったし、春から挑戦し続けてきてよかったなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

2014年

9月

24日

自己ベストをめざして!  ~川西町小学生陸上大会~

自己ベストめざして力走する1000m走選手
自己ベストめざして力走する1000m走選手

 

 ぼくは、5年男子1000m走に出場します。目標は4分を確実に切れるようがんばります。今までの練習の成果を発揮して大会では自己ベストを出したいです。  5年 K・真紘

 ぼくは陸上大会の種目に1000m走を選びました。理由は苦しいけれど、後ですごく達成感が感じられる種目だからです。ぼくの目標は大会で自己ベストを出すことです。そのためには、どんなに辛くとも、歯を食いしばってがんばって走り抜かなければなりません。練習でもだんだんタイムが速くなってきているので、この調子でタイムを縮めていければうれしいです。もうすぐ練習も終わってしまうので、6年生最後の大会に向けて精一杯練習して何としても目標を達成します。当日はすごくいいタイムが出るようがんばります。  6年 E・隼也

 

 

 

2014年

9月

05日

見てください! この出来映え!  ~応援看板披露式~

かなりいい出来映えに、全校生からウオーという歓声が・・・
かなりいい出来映えに、全校生からウオーという歓声が・・・

 

 赤組の看板のテーマは、るろうに剣心の「剣心」にしました。剣心は、足が速くあきらめずに戦うキャラクターです。剣心のようにあきらめずに戦う赤組をめざしたいと思って描きました。

 工夫したところは、バックの色をグラデーションやスパッタリングの技法を使って、赤が目立つようにしました。また、人物の髪や表情をリアルに描きました。

 一人一人が自分の仕事をしっかりとやって、協力して完成させました。運動会では、剣心のように力強く最後まで戦いましょう。

                                   赤組 グッズ係リーダー 小沼 翔

 

 白組の看板のテーマは、ブリーチの「とうしろう」です。氷の技をつかうキャラクターです。このとうしろうのように、完全優勝をめざしたいと考え描きました。

 工夫したところは、完全優勝の文字を目立たせるために周りの色をむらさき色ににしたところです。とうしろうの表情をはっきりとさせて、かっこよく描きました。

 4,5,6年生で役割分担をし、毎日楽しく活動することができました。白組の皆さん、運動会では、とうしろうのように最後まで全力で戦いましょう。

                                   白組 グッズ係リーダー 奥田 千夏

2014年

8月

27日

運動会スローガンに込めた願い  ~運動会実行委員より~

 今年の運動会スローガンが決まり、昨日の顔合わせ会で、私たち実行委員会から発表しました。

「全校生で協力し、はげまし合って活動しよう。そして、一人ひとりが力を出しきり、最高の運動会にしよう!」

私たちが掲げる合い言葉は3つ。「全力」、「協力」、「あきらめない」です。

このスローガン、合い言葉には、

 

  1. 一人ひとりが、全力を出しきって運動会活動に取り組む。
  2. 協力して取り組み、みんなの力で運動会を成功させる。
  3. 最後まであきらめないでが走りきる。

 

という3つの思いがあります。

実行委員6名が中心となって、スローガンが達成できるようがんばります。

ご声援をよろしくお願いします。

実行委員長  本田琉聖空

副実行委員長 高橋 羽音

実行委員   後藤愛実  高橋優花  寒河江こころ  情野真衣

2014年

7月

16日

静かに、楽しく昼の放送を聞こう!  ~放送委員会 集会発表~

 

 今日の全校集会で、私たち放送委員会が集会発表を行いました。発表の内容は、楽しく「昼の放送」を聞いてもらうための呼びかけを劇仕立てで呼びかけること。劇の台本を考え、セリフを覚えてから何回も練習をして今日の本番に臨みました。本番では、はやりのギャグなども加えながら楽しい劇となり、笑いあり、考える場面ありの発表をすることができました。

 私たちは、全校の皆さんに楽しい放送をお送りするために、次の3つのことを工夫しています。

  • 朝や下校の放送では、その日あった出来事や、季節に合わせた話題を入れて、親しんでもらえるように工夫しています。
  • 様々なジャンルの音楽、さまざまな学年みなさんからのリクエスト音楽を放送しています。
  • 「昼の読み聞かせ」では、登場人物の感情が伝わるように気持ちを込めて読んでいます。

これからも楽しんでもらえる放送ができるようにがんばっていきますので、楽しみにしていてください。

放送委員長 佳◆

 

 

 

 

 

 

 

2014年

6月

20日

体力UP作戦で汗をかこう   ~体育委員会~

今日の中間休みに『体力UP作戦』を行いました。

体育委員会(児童会)が企画した取り組みで、体力を楽しくupしよう、を目標に行いました。みんな、楽しく安全に体力をupができてよかったです。そして体育委員も、リハーサルより上手に司会進行をすることができました。次の体力up作戦も成功できるようにがんばりたいです。

6年 リツ & エンドっち

                                         

2014年

6月

18日

「明るいあいさつ・返事」運動に取り組んでいます!  ~児童会~  

吉島小学校児童会では、「明るいあいさつ・明るい返事運動」に取り組んでいます。

全校生のめあて:

    お互いがよい気持ちになるように、人の目を見て元気よく笑顔であいさつしよう!! 

 

今日の全校朝会では、明るいあいさつ・明るい返事運動の学年ごとのめあて発表しました。

それぞれの学年がめあてを達成できるようにがんばっています。

 この取り組みで、全校生が明るいあいさつ、明るい返事ができるようにしていきたいです。

 ゴーシュ&さにゃえ

 

<報告とお礼>

ペットボトルキャップ集めの活動も順調に進んでいます。今日現在、7,845個のキャップが集まりました。ありがとうございます。

ポリオに苦しむ世界中の友達のために吉島小学校児童会では、これからも運動を盛り上げていきます。これからも、おうちの方のご協力、地域の方々のご協力をよろしくお願いします。

2014年

5月

26日

わんぱくテーマ”チャレンジ”  わんぱくキッズスクール開校式

  青空が広がる中、わんぱくキッズスクール開校式に参加しました。今年のテーマは、「チャレンジ」。何事にも前向きに挑戦してきたいと思います。

式が終わってから、わんぱくキッズ農園で毎年行っている作物の植え付けを行いました。植えた物は枝豆、里芋、カボチャ、スイカ、じゃがいも、ねぎなどをうえました。みんなで、おいしく食べられるように、がんばって育てたいです。

 がんばって畑仕事をしたあとには、センターの先生方がおいしいカレーを作ってくれました。畑仕事をしたあとは、とてもおいしかったです。

      リツ & むぎちゃん

2014年

5月

23日

世界からポリオをなくそう! ~ペットボトルキャップ集め活動~

このキャップ集めは、世界のポリオという病気の人々を助けるために行っています。

全校生が世界の人々を助けようとキャップを一生懸命集めています!

始まったばかりなのに、たくさん集まっています!!!

目標は、五万個集めます。

私たちも一生懸命がんばるので、みなさんもご協力おねがいします!


白龍 & かにゃと

2014年

5月

14日

全校朝会で劇発表 ~運営委員会より~

 今日は全校朝会で、運営委員会の劇発表を行いました。登校と廊下でのあいさつの様子を演じました。

全校生が正しいあいさつのやり方を分かってもらえてよかったです。最後に児童会のスローガンを発表しました。

これから、吉島小学校全体で取り組みたいです。

運営委員 ルシファー&白龍

2014年

5月

01日

1年生をむかえる会

1年生をむかえる会を行いました。1年生と仲よくなるために、数日前から自己紹介やゲームなどのプログラムを考え、当日は1年生の笑顔をたくさん見ることができました。全校生が1年生と仲よくなって、うれしかったです。1年生も、お礼の歌「さんぽ」を発表してくれました。とても楽しい時間でした。

事務局  パズル & ルシファー

2014年

4月

30日

吉島小学校児童会を紹介します!

26年度 児童会スローガン

    明るいあいさつ

       明るい返事で

          笑顔のたえない学校にしよう

 

2014年

3月

13日

70人の小さな命を救う  ~ペットボトルキャップ回収~

  児童会では、ペットボトルキャップを回収し、そのリサイクルによる収益金で開発途上国の子どもたちにワクチンを提供するために、「エコキャップ推進運動」に積極的に取り組んでいます。児童はもちろん、交流センターはじめ保護者の全面的なご協力をいただき、今年度約6万個のキャップを回収することができました。ポリオワクチン1人分は860個(2kg)ですので、70人分の命を救ったことになります。また、キャップを回収することは省エネ活動に取り組んでいることにもなり、CO2削減効果で見ると440kgのCO2を削減したことになります。

  今日は、山形銀行小松支店長 佐藤利彦様にご来校いただき、贈呈式を行いました。佐藤様からは、一生懸命取り組んだことへの感謝と回収したキャップで一人でも多くの開発途上国の子ども達の命を救いたいという決意が述べられました。

  なお、山形銀行では、東北芸術工科大学と共同で平成21年よりこの運動に取り組み、累計で3,700万個のキャップを回収し、4,500人分のポリをワクチンを購入、小さな命を救ってきたそうです。また、280tのCO2削減にも寄与してきたそうです。子ども達は、地球の一員とし役立つことができた喜びを感じ、これからもがんばろうという気持ちを新たにしました。

 

2014年

3月

07日

感謝の花が体育館いっぱいに! ~6年生を送る会~

 

  外はあいにくの吹雪模様で、体育館は冷蔵庫のように冷えきっていましたが、寒さを吹っ飛ばすぐらい元気のいい声が広がっています。今日は、児童会新事務局として初めて主催する「6年生を送る会」。6年生と「名刺交換ゲーム」や「かるたゲーム」を楽しみ、色紙やお手紙のプレゼントでは、これまでお世話になった感謝の気持ちを一人一人に伝えました。6年生からは後輩たちへ期待を込めたメッセージや歌のプレゼントがあり、「ありがとう」という感謝の花が体育館いっぱいに咲きました。

  もうすぐ卒業式。6年生には吉島小学校で学び、吉島人として生きていくことに誇りを持ってほしいと願っています。きっと輝かしい未来が待っていることでしょう。

  いつの間にか体育館の高窓からまぶしい光が差し込んできました。雲の切れ間からは鮮やかな青空がのぞき、さっきまでの吹雪が嘘のようです。お天道様も、きっと6年生の卒業を喜んでくれているのでしょうね。

 

2014年

2月

20日

襷をつなぐ ~立会演説会~

 これまで学校のリーダーとして活躍してきた6年生がいよいよ卒業し、新しいリーダーのもとで吉島小児童会が出発します。児童数の減少に伴い児童会組織の見直しを行い、これまでの7委員会から5委員会に改編し、あわせて活動内容も大きく見直されました。(委員会構成、新委員長名については、学校だより20号をご覧ください。)

 今日は、その船出となる「立会演説会」が行われました。前段、それぞれの新委員長から来年度の委員会運営についての決意と抱負が述べられ、その後現委員長から新委員長に「委員会ノート」の引き継ぎが行われました。26年度運営委員長となる小沼翔くんは、「明るく元気で,笑顔の絶えない学校にしたい」,「全校生が心を一つに取り組める縦割り活動やゲームを日常的に進める。」と熱く訴えかけ、フロアーからは大きな拍手が起こりました。

 これまで学校の機関車としてがんばってきた6年生に感謝し、心からの拍手をおくります。そして、新たに襷を引き継いだみなさんが、力を合わせて新しい伝統と校風を築いてくれることを期待しています。