main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

不測の事態にそなえて  ~教職員不審者侵入事案対応研修会~

 

 AKBコンサートでのノコギリ傷害事件、そして石川県小学校で開催されていた運動会での児童切りつけ事件と青少年や児童に殺意をいだく物騒な事件が連日報道されています。このような中、本校では、置賜教育事務所 青少年指導を担当する武田恭一氏を講師に迎え、教職員による不審者対応研修会を実施しました。

 前段講話として、あの忌まわしい大阪教育大学付属池田小学校で発生した児童殺傷事件の検証をもとに、いかに学校現場で子ども達の命を守ることができるのか、未然防止も含めてその具体的な方策を学びました。後段は、児童に危害を加えようと教室に不審者が侵入してきたというシミュレーションで、児童の安全確保と教職員の対応についてロールプレー研修を行いました。

 この研修を受けて、6月25日には、全児童を対象とした「不審者侵入に対応する学習会」(防犯危難訓練)を予定しています。しかし、訓練は万能ではありません。何ら安全の保障はないのです。過去の悲惨な事例が教えてくれる「不審者侵入は想定の範囲を超える。」というメッセージを真摯に受け止め、教師も子どもも不測の事態に柔軟に対応できる危機回避力を付けていきたいと思います。