main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

カブトエビがやって来た!  ~田んぼビオトープ学習~

3年生の大地君が、貴重なカブトエビをもって来てくれました。

カブトエビは、生きる化石ともいわれる原始的な小型甲殻類で、体長2~3センチ。国内にはヨーロッパ、アジア、アメリカカブトエビの3種が生息しているそうです。水田の雑草を食べることから田の草取りに使われることもあるとのこと。

そんな貴重なカブトエビが、私たちの住んでいるここ吉島にいるのです。これは、地域を知る大切な教材であるとの認識から、今年度4年生が総合的な学習の時間に調べ学習をすることになりました。更には、学校田でもこのカブトエビを増やしたいと計画しています。学校田で収穫した米に「吉島カブトエビ米」とネーミングして皆さんに紹介できればいいなあと考えています。ぜひ、ご期待ください。

生き物広場(学校ビオトープ)に、共生の郷様から、太古ハスとして有名な「大賀ハス」を植えていただきました。またメダカを観察する環境として、池の一部を網で区切ってきただきました。 後日あらためて紹介します。ありがとうございました。