main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

黒メダカとカブトエビを放流しました! ~田んぼビオトープ完成式~

  3校時目に田んぼビオトープ『生き物広場』完成式を行いました。共生の郷吉島資源保全隊(会長 遠藤森幸氏)の全面的なご支援により、昨年10月から造成が始まった田んぼビオトープ。一冬を越して、黒メダカが観察できる池も区画整理され、となりの学校田では、太古からその姿をほとんど変えずに命をつないでいるカブトエビが棲息する環境が整いました。

  完成式では、校長と遠藤会長の挨拶、さらには事務局の髙橋さんから造成に関わっての説明をしっかり聴きいた後、ビオトープ入り口に設置された大型の案内看板の除幕を行い、看板図案を作成した奥田千夏さん、平朱莉さんから図案に込めた願いや思いの発表がありました。

  最後に、全校児童を児童代表して、島貫誠司くんからは、「ビオトープの生き物を大切にして、たくさんの命を見守り、観察していきたい」という熱い想いが語られ、大きな拍手がわき起こりました。

  黒メダカをご寄贈くださった髙橋政治様、カブトエビをご寄贈くださった和田康弘様、本当にありがとうございました。