main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

5年生公開授業  ~町教育委員会委嘱算数科授業研究会~

 本校では今年度、単元全体を通して、いかに「活用力」を育成するかを柱として、学校研究を進めています。もちろんめざすゴールは、経営重点Ⅰ「確かな学力を育てる」にあります。この度、町教育委員会主管による算数科授業研究会を開催するにあたり、本校5年生が算数授業を公開させていただき、本校研究を大きく前進させる絶好の機会をいただきました。

 今日の課題は、みかん12個とバナナ8本をできるだけ多くの皿に同じ数ずつ分けること。子ども達は前日までに習得してきた約数の考えを根拠に、表や図にまとめて解を導きました。生活経験やこれまでの学習を活かして何とか答えを見つけようとする子どもの姿を町内の先生方に参観いただき、お褒めのことばをいただきました。また、授業後に行われた研究協議では、これからの学校研究に取り入れたい貴重なご意見やアイディアをたくさんいただきました。

 今回、この公開授業を行った大きな理由がもうひとつあります。それは、筑波大学附属小学校副校長の細水保宏先生から、直接ご指導を受けることできるということです。「活用力」をどうとらえ指導していくか、学び合いは毎日のクラスづくりの中で計画的に行われるものであること、インクルーシブ教育が強調される中で、上層位児童を伸ばすしていくことが重要であることなど、本校研究に関連づけて示唆に富むご指導をいただきました。

 5年生の様子を参観しながら、粘り強く考え抜こうとする態度や素早くノートに書く力など、学力を支える力も確実に伸びていることを見取ることができ、収穫の多い研究会となりました。