main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

1学期がんばったこと    ~終業式 児童代表のことばより~

 1学期終業式で2年生の須藤芽生さんと4年生の島津優騎くんが児童代表のことばを発表しました。紹介します。

 1学期頑張ったこと

                 2年 須藤芽生

 わたしが1学期がんばったことは5つあります。

 1つ目は算数の「ひきざんチャレンジ」です。2回目のチャレンジでは20問を2分12秒でできました。1問間違えてしまいました。くやしかったです。でも、まだ1回あるので「がんばるぞ」と思いました。そして、3回目の日、わたしはドキドキしていました。スタートして20問を解きおわったときにタイムを聞いたら1分52秒でした。そして、全問正解だったので「ひきざんスーパースター」になることができました。とてもうれしかったです。

 2つ目は、一輪車に乗れるようになったことです。乗れる人がうらやましくて毎日練習しました。ある日、手をはなしたら5mくらい乗れました。それから一輪車に乗れるようになりました。

 3つ目はあいさつです。毎日学校についたら職員室に「おはようございます」と言いました。元気に気持ちよく言えた時は、「今日も頑張るぞ」と思いました。

 4つ目は、国語の「お話の作者になろう」です。自分で「はじめ」「なか」「おわり」のお話を上手に書くことができました。おもしろく読めるお話ができてよかったです。

 5つめは水泳です。かべを強くけると進むと思い、強くけりました。いつもよりいっぱい進むことができました。うれしかったです。

 楽しい夏休みをすごして、2学期もがんばりたいです。

 

 1学期をふり返って    

                   4年 島津優騎

 ぼくは、この1学期をふりかえってみると、やる気を出してできるようになったことがたくさんあったなあと思います。その中でも、特にがんばったことが3つあります。

 1つ目は漢字です。ぼくは漢字が苦手で、始めのうちはなかなかいい点を取れませんでした。でも、正しい字を見て自主学習などで何度も繰り返して練習するうちに、だんだん書けるようになってきました。そして、本番ではおしくも100点はのがしましたが、92点を取ることができました。家の人から「すごいね!」と言ってもらえたし、先生からも「きれいな字ですばらしい!」と誉めてもらったので、きらいだった漢字が好きになってきました。これからも、漢字をいっぱい練習していろいろな漢字を覚えたいです。そして、2学期の全校漢字テストでは、一発で100点を取りたいです。

 がんばったことの2つ目は、わり算の筆算です。特に難しかったのは、3けた÷2けたの計算です。始めは、1問解くのにものすごく時間がかかったけれど、宿題や自主学習でいっぱい練習したら、できるようになってきて面白くなってきました。だから、夏休みもいっぱい練習して、今よりも速く正確に解けるようにがんばりたいです。

 3つ目は、今年から始まった委員会活動です。ぼくは、図書委員になりました。話し合いの時は、一生懸命考えて意見を発表することができました。図書当番も忘れずにしっかりすることができました。特に楽しかったのは、読書週間です。全校生がたくさん本を借りに来てくれて、忙しかったけれどとても楽しかったです。

 このように、がんばったことがたくさんあった1学期でした。苦手なことでも繰り返し練習すれば、できるようになることもわかりました。だから、これからもやる気を出して何回も挑戦していきたいなと思います。