main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

カブトエビの不思議    ~PTA研修会~

 10月3日(土)にPTA主催(会長 寒河江和久様)による親子で学ぶ「いのちの学習」講演会を開催いたしました。共生の郷吉島資源保全隊(会長 遠藤森幸様)の全面的なご支援により昨年度秋より造成を進めていただきた田んぼビオトープ及び隣接する学校田を活用して4月から本格的に学習を展開し、6月の完成式、そして10月の研修会へと活動をつないできたところです。

 さて、今年度の研修会は、酒田ユネスコ協会代表 五十嵐敬司先生(元酒田東高校校長、元山形大学農学部非常勤講師)を講師に迎え、「田んぼのようすと不思議なエビ」を演題にご講演をいただきました。ご講演の内容を5つの「不思議」で振り返ってみましょう。 

 
不思議1 どのくらい昔から命をつないできたの?
◆2億3前年前の地層から化石が見つかった。恐竜の時代とほぼ同じ頃には出現していた。
不思議2 吉島に棲むカブトエビの種類は?
◆ヨーロッパカブトエビ、東北地方に棲息する。
    (関東以西にはアメリカ、アジアカブトエビが棲息)
不思議3 カブトエビはどのくらい生きるの?
◆卵から孵化して1ヶ月程度。孵化後10日で成熟し1000個以上の産卵を経て死滅する。
◆産卵された卵は、酸素のない乾燥した土の中では10数年「乾燥卵」として生き続ける。
不思議4 カブトエビが田んぼに棲むわけは?
◆田んぼのように「水あり」→「半乾期」→「乾燥」を繰り返す土地が絶好の環境条件となる。
不思議5 カブトエビはどんなとろこで役立っているの?
◆除草作用(小さな草を食べてくれる)
◆卵が長時間眠る特性をがん細胞に応用する研究。
 
 最後になりましたが、熱心にご参加いただいた皆様、PTA事務局の皆様に深く感謝を申し上げます。