main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

危険な薬物から身を守ろう!

  1月28日 5,6年生を対象とした薬物乱用防止教室を行いました。講師は、米沢警察署少年補導専門官 舟山有子先生。写真やイラストを使って、私たちの身近に迫る薬物の恐ろしさについて、わかりやすく教えてくださいました。6年生にとっては、昨年度に引き続き2回目の教室となりました。大麻や覚醒剤などの恐ろしい薬物は、それぞれに危険の性質が違うこと、最終的に人を廃人に追い込んでしまうことまで理解を深めました。また、最近話題の危険ドラッグの恐ろしさについても詳しく教えていただき、私たちの身近にある危険に正しい知識を持ち、NOと言える強い人間になることを学びました。

  学んだポイント
   <ポイント1>
    薬物を乱用すると・・・
      (1)一度使用するとまた使用したくなる   (強い依存性)
      (2)同じ量では効かなくなる          (増える耐性)
     (3)中枢神経に作用               (心身に悪影響)
     (4)乱用を止めてもまた手を出してしまう    (フラッシュバック)

   <ポイント2>
    もし、薬物使用を誘われたら・・・
     (1)きっぱりと断る
     (2)その場から離れる
     (3)すぐに逃げる