main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

2年生と一緒に考えてみませんか! ~3/13算数スペシャル授業~

                              できた喜び、わかる喜びで笑顔いっぱい(2年生)

  2時間目に、2年生はスペシャル授業を行いました。手応えのある問題をしっかり考えて解く態度を育てたいという願いからの授業です。ぜひ一緒に考えて、2年生の手応えを感じてください。

問題 かけ算九九の問題です。 九九の答えが2桁になる式を5つ見つけます。しかし、九九の答えに使える数字は”0・1・2・3・4・5・6・7・8・9”の数字、それぞれ1回しか使えません。どんな5つの式ができますか?

子ども達は、一所懸命考えます。しかし、どのように考えたらいいかわかりません。そこで担任は、3×8=24 から考えようと揺さぶります。答えに使える0から9の内、2と4は使いさました。

さあ、ここからが思考の真骨頂。ある子どもが気づきます。

「先生、9を使える式は、7×7=9 しかないので、3×8の式では、すでに24のを使ってしまってうまくいきません。

そうです。3×8という式を使ってしまうと、4を2回使うことになり後がどうしても続かないのです。

大きな手がかりを得て、なるほどと頷く子ども達。

「7×7=49の式を最初に書いて、4と9を除いた0,1,2,3,5,6,7,8,で2桁の答えが作れる式をあと4つ考えればいいんだ。」

残った数字とにらめっこしながら、黙々と式を立てて考える子ども達。

 

「できたっ!!」 その瞬間が上の写真です。いい笑顔です。

 

さあ、どうぞ、残りの4つの式を根気強く考えてみてください。答えは、下の写真の通り。5個以上の九九がありますよ。うまくいかなかった方は、残念ですが2年生の解答を参考にしてください。