main-v-shadow-top

山形県川西町立吉島小学校 豊かな心を持ち 進んで学ぶ 心身ともにたくましい子ども

main-v-shadow-bottom

薬物・喫煙の恐ろしさを学ぶ ~ICTを活用して~

本日3.4校時に、本校薬剤師 結城聖太 氏(南陽市ゆうき薬局桜木町店)をお迎えして、6年生保健学習「薬物乱用・喫煙の害」についての特別授業を行いました。昨年度は米沢警察署の青少年指導専門官を講師に、薬物犯罪という視点からの薬物乱用に係る特別授業を行いましたが、今年度は薬の専門家という立場から、違法な薬物や間違った摂取による薬物の害とその恐怖について授業を進めていただきました。

薬とは何か,薬剤師の仕事は?という問いかけから授業が始まり、危険ドラッグの恐怖はもちろん、シンナーや煙草など身の回りのも人体に害を及ぼすものがたくさんあることを教えていただきました。

コカ・コーラの秘話も大変興味深いものでした。コカコーラは今でこそ世界中に愛される清涼飲料水ですが、誕生したころは「元気の薬」としてアメリカで発売されたこと、さらには、コカコーラの「コカ」はコカイン(cocaine)は入っていたことに由来することを教えていただきました。

専門的な視点から子どもたちの知的好奇心を揺さぶってくださった結城先生に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

今年度、本校に導入されたICT機器を活用しての授業にも挑戦しました。結城先生が準備したスライドは電子黒板に提示されると同時に、児童個々のタブレットPCにも瞬時に送信され、子どもたちのメモ取りを楽にさせてくれた他、細かな点まで目の前のタブレットPCで確認することができ、子どもたちの理解を大きく助けてくれました。今日の授業のためにわざわざ来校していただき、ICT環境づくりを助けてくださったデータシステム米沢の折笠氏にも心より感謝申し上げます。