令和元年度 学校経営について

   平成31年度    学  校  経  営

1 学校教育目標 『 自ら考え 進んで実行 』                          

          ~子どもたちの可能性の芽を膨らませる~

2 めざす子ども像 『かしこく、つよく、キラリかがやくよしじまっ子 』

  〔いのちとまなび〕 わかる喜びを感じ、楽しく学ぶ子ども

  〔自尊感情と自立〕 夢や希望を持ち、高みをめざす子ども

  〔ふるさとと共生〕 ふるさとを誇りに思い、地域を思う子ども

3 めざす学校 『人とつながり、笑顔かがやく学校 』

   □担任力(学習指導力・生徒指導力・特別支援教育力)の育成     

   □特色ある学校づくり(考える力・全校外国語活動・いのちの学習)の推進

   □いじめや体罰のない安心して生活できる学校づくり

4 求める教師像 = 信頼される教師

   □実践的指導力を高め、子どもの「力」を伸ばす教師

   □子どもの心に寄り添い、思いを共感する教師

   □日々研鑽に励み、地域の期待に応える教師

5 学校経営の方針

 ○ 基本方針

 日本国憲法をはじめとする諸法の精神をふまえ、公教育の使命を果たすことが本校学校   経営の基本となる。第6次山形県教育振興計画が目指す「いのちをつなぐ 学び続ける 地域とつながる」児童の育成への接続を図るとともに、川西町教育目標並びに本校教育目標の実現をめざし、学力向上や生徒指導の充実はもとより、いじめ・体罰の根絶、道徳、健康・体力、情報教育、国際化教育等の今日的課題を的確に捉えながら、地域とともに歩む創意ある学校経営に努める。

(1)教育公務員としての使命を自覚し、信頼される教師としての自己確立と実践的な指導力の向上に努める。 (2)第6次山形県教育振興計画の趣旨「学び続け、地域とつながり、いのちをつなぐ」をふまえた創意ある教育活動を展開する。

(3)児童理解と授業改善に努め、学習の土台を支える「学習基礎スキル」の徹底を図るとともに、生きて働く「思考力」、「判断力」、「表現力」(活用力)の育成に努める。

(4)学校評価、教員評価、諸活動の振り返りを充実させ、PDCAサイクルを機能させる組織マネジメントを積極的に活用した高まりのある学教育活動を展開する。

(5)言語通級指導教室(ことばの教室)開設7年目が経過し、地域の期待と児童生徒のニーズに応える経営に努めてきた。今年度も、児童一人一人の個性と能力の伸長に取り組む。

(6)コミュニティ・スクールと地域学校協働事業を両輪とする多様な「地域の教育力」を積極的に活用し、地域の期待に応え信頼される学校づくりに努める。

(7)危機管理体制を整備し全職員が危機意識を高く保つとともに、児童生徒の安全・安心・安定の確保と職員のコンプライアンス、施設設備の管理に努める。

 

6 重点と具体策

重点1 「確かな学力」を育てる

具体策1 探究型学習の推進

① 吉島メソッド等の学習過程を推し進め、思考力、判断力、表現力その他の能力をはぐくみ、主体的に学習に取り組む態度を養う。

② 教員が、主体的・協働的な学びが進められる単元や授業をデザインしたりするなど、新たな学びを展開できる実践的指導力を身につける。

具体策2 学習基礎スキルの定着と家庭学習の定着

① 学力の土台となる学習基礎スキルの習得に努め、単元テストや全校一斉テスト等を計画的に実施し、確かな学力の定着を図る

② 発達段階に応じた家庭学習の習慣化を図るとともに、読書の面白さに気づかせ、幅広い知識を習得させる。  具体策3 豊かに感じ、表現する力の育成

① 自分の考えを生き生きと表現する場(音読発表・委員会発表等)と言葉の力や心を育む読書活動を充実させる。

② 外国語活動を全学年で積み上げるとともに、ICTを活用した授業づくりに積極的に取り組む。

 

重点2 「つながる力」を育てる

具体策1 地域教育力の活用とコミュニティ・スクールの充実・発展

① 地域の教育力を活用して、田んぼビオトープや地域学校協働事業と連携した地域学習を積極的に行い、吉島を誇りに思う心を育てる。

② 学校運営協議会の機能を充実させ、学校の諸課題を解決したり、外部評価したりする活動を通して、開かれた学校づくりを推進する。

具体策2 困り感を持った児童への支援、特別支援教育の充実

① 児童の困り感や解決の見通しを的確に捉え、教育支援計画、個別支援計画の作成と運用に努める。

② 支援を必要とする児童の共感的理解に努め、学校全体で特別支援教育を推進するとともに、保護者、関係機関と連携して指導にあたる。

具体策3 情報モラルの醸成とICT機器の効果的活用・研究

① 長時間のテレビ視聴や過度なゲームのし過ぎの実態と課題を明確にし、より充実した生活を送ろうとする態度とセルフコントロール力を育てる。

② ICT機器を積極的に学習活動に取り入れ、学習の質的向上をめざすとともに、ICT機器並びにソフトウェアを効果的に活用する指導スキルを高める。

具体策4 仲間とつながり、一人一人が活躍できる集団づくり

① 生徒指導の3機能(自己存在感、共感的な人間関係、自己決定)やハイパーQUを活かした温かい学級経営をめざし、他を思いやる心や自尊感情の育成に努める。

② 不登校やいじめ・体罰の根絶のために教育相談や児童理解研修を充実させ、児童一人一人が安心して生活できる居場所づくりに努める。

 

重点3  「たくましい身体」を育てる

具体策1 アウトメディアを意識した生活リズムづくり

① 子どもの生活実態や課題を明確にし、基本的な生活習慣(早寝早起き朝ご飯、アウトメディア・情報モラル)づくりに取り組む。

②「食育」や「いのちの教育」を推進し、命への畏敬の念や人権を尊重する態度を育てる。

具体策2 めあてに挑戦し、達成感が実感できる体力づくり

① 学校、児童一人一人の課題を明確にし、運動の適時性を大切にした教科体育の充実と運動環境の整備に努める。

② 体育的行事と教科体育との関連を図る中で基礎的体力の向上を目指し、挑戦する態度の育成とあそび・運動の日常化をめざす。

具体策3 安全で清潔な学習・生活環境づくり

① 家庭・地域と連携して危機管理意識を持ち、安全管理体制(よしじまっ子見守り隊)を確立する中で、児童が安全に生き生きと生活できる環境を整備する。

② 「黙働」清掃を奨励し、異学年集団で協力して働く態度を育てるとともに、きれいな校舎で学ぶ喜びを感得させる。